リコーダー教室

 リコーダーはルネサンス時代に盛んに使われていました。当時はリコーダーではなく、フルートと呼ばれており、現在横笛のフルートはフルートトラヴェルソと呼ばれていました。

 学生の時に使っていたリコーダーが、実は歴史が古く、感慨深いものがあります。

曲はリコーダーのために書かれているものも多々あり、フルートの曲をリコーダーで演奏したり、その逆もまた可能です。

​ ルネサンス、バロックの宮廷音楽を彷彿とするものから、現代のポピュラーミュージックまで幅広く楽しむことができます。

~楽器について~

  主にC管、F管を用いる。

・ソプラノリコーダー(C管)

・アルトリコーダー(F管)